Apple Watchを使ってみた感想

ステップ4 お金を上手に使おう

人的資本の中でも、健康は大重要項目です。体力があれば、何歳になっても働いて収入を得ることができます。中学・高校時代は吹奏楽部に所属していました。一時期、スケートボードやスノーボードにハマった時期もありましたが、子供を産んでからは、運動とは程遠い生活をしてきてしまいました。さらに、パンデミックで在宅勤務になり、階段を上っただけで息切れするようになってしまいました。「これはまずいぞ。」と危機感をもち、腹筋とかしてみましたが、3日坊主でうまく続けられません。そこで、Apple Watchを購入してみることにしました。今回は、購入してから半年が過ぎたので、購入してよかったところと、いまいちなところを紹介していきたいと思います。

まずは、スペックです。購入したのはApple Watch SEです。

購入目的は、1、運動時の心拍数を測りたい 2、睡眠の質を知りたい 3、Apple Watchで支払いをしたい の3点です。Apple Watch 3とスペックを比較してSEにしました。

参考にしたブログ

Apple Watch SEとSeries 3の違いを比較!今買うならSEがおすすめ | IMAGINATION (maturikun.com)

Apple Watchを購入して良かったこと。

1、睡眠が測定できる

睡眠の質の改善に役に立ちます。過去のデータから睡眠サイクルも確認できます。

2、運動中の心拍数を測定できる

どれくらいの強度で運動しているかが可視化出来ます。「もうちょっとだけ頑張れるな」とか運動強度の目安にしています。

3、支払いが便利!

携帯電話を持っていなくても支払いが可能です。手ぶらでふらっとコンビニに行っても買い物ができるのはとっても便利です♪電車に乗る時もクリックすることなくそのまま支払いができるのですごくスムーズです。

4、運動不足を可視化できる

定期的に「Stand up!」とか「breath!」とか言われます。翻訳をしていると、ついつい座りっぱなしになってしまうので、定期的な深呼吸は脳の効率化のためにも良いような気がします。

5、Lineがすぐ見られる

家で仕事や家事に集中していると、家族や学校、会社の方からの連絡に気づかないことが多かったのですが、連絡がきたときにバイブレーションや音でお知らせしてくれるし、すぐに確認できるので、大事な連絡にきづけるようになりました。また、予定表とも連動しているので、歯医者などの予約時間の1時間前にお知らせしてくれます。

いまいちなところ

1、ベルトのサイズ選びが難し過ぎる

ソロロープという種類のベルトを説明どおりにちゃんと測定して購入したのですが、なんかちょっとゆるい。使っていくうちにさらににゆるゆるになってしまい、別のベルトを購入しました。

Amazon

Fullmosa Apple Watch対応 バンド ベルト アップルウォッチバンド42mm/44mm apple watch 6/5/4/3/2/1&SE バンド 本革レザー 交換バンド ラグ付き 42mm/44mm ブラック+ガンメタルバックル

2、キツすぎると赤くなる。

運動中ズレないようにベルトをキツめに締めておいたら、センサーが当たっている場所が赤くなってしまいました。1日Apple Watchをつけないで様子見たらすぐになおりました。締めすぎは注意です。

3、充電する時間がない

寝る時もずーっとつけているので、充電する時間がありません。お風呂に入っている間とか、寝る前に充電するようにしています。1日使用して、大体30分〜1時間くらいで100%充電になる感じです。

まとめ

全体的には購入して良かったことが多いです。年齢的なことも多いですが、自分の身体の状態が可視化できるのはうれしいです。あと、想像以上に支払いが楽‼︎ 会社でコーヒーを買いに行く時にお財布と携帯を持って歩いていたのですが今は手ぶらで行けます!

Amazon

最新 Apple Watch SE(GPSモデル)- 40mmスペースグレイアルミニウムケースとブラックスポーツバンド

Rakuten

アップルウォッチ 本体 Apple Watch Series 3 42mm スペースグレイアルミニウムケースとブラックスポーツバンド シリーズ3 (GPSモデル)MTF32J/A MTF32JA価格:35,980円
(2021/9/5 16:23時点)

コメント