ふるさと納税

ステップ4 お金を上手に使おう

以前に登録したふるさと納税の品が届いたので、届いた品のレビューを行います。

ふるさと納税を取り扱っているホームページで、控除額シミュレーションを行ってから申請を行いました。実際の控除額は、5月か6月に居住自治体から送付される、「住民税決定通知書」の“寄付金控除” あるいは “税額控除額”という欄に記載されます。来年確認するまでは、ドキドキです。最初は、盛り上がってしまい美味しいものばかり申請してしまいました。反省です。途中からは、”控除でなくても買わなくてはいけないもの” である日用品を中心に申請して、節税、節約に切り替えました。

【さとふる】ランキングとレビューで探せる利用率No.1ふるさと納税サイト (satofull.jp)

美味しいもの

お酒

なにこれ、水?ってくらい飲みやすいお酒です。すっごく飲みやすいのでおいしすぎて危険なくらいのお酒です。一升瓶が2本も届くので、残りのもう1瓶はお正月とかの特別な日に開けたいなと思います。

イクラとウニ

実際の写真を撮るのを忘れていましたが、申請してから1週間くらいで冷凍で届きました。2日かけて冷蔵庫でゆっくり解凍してから食べました。家族4人でも少し余るくらいたっぷりの量で、大満足でした。こんなおいしいウニ食べたことなーい。って感じでお口の中が幸せいっぱいでした。

うなぎ

夏も終わりかけの9月ごろに到着しました。うなぎはいつ食べても美味しい。中国産のウナギしか食べたことがなかったので、ふわっふわの国産うなぎに大興奮でした。

日用品

バスタオルとタオル

良い意味でフツーのタオル。薄めのものにしたので、すぐに乾いて、梅雨の時期はとっても助かります。1年ごとに取り換えたいなと思っています。

トイレットペーパー

100個で13000円の高級トイレットペーパー。これ高くない?って思いますが、毎年、住民税を払っても何にももらえないことを考慮して、日用品が無料でもらえると考えればよいのかなと。5000円~7000円くらいだといいのになぁ・・・。

コメント