カラー、パーマ、ブリーチヘアでもOK!ヘアドネーションに挑戦してみよう!

ステップ0 ゴールを決めよう!
ネコ
ネコ

お金はないけど、世の中のために出来る事ってなにかある?

チョコ
チョコ

ヘアドネーションは?

病気などで頭髪に悩みがある人のために、髪の毛が寄付できるよ!

ネコ
ネコ

やってみたい!でも、カラーもパーマもしているから無理?

チョコ
チョコ

カラー、パーマ、ブリーチヘアでも31cm以上の長さがあればOKだよ!

「ヘアドネーション」とは、ヘア(髪の毛)+ドネーション(寄付)を組み合わせた言葉で、「髪の毛を寄付することによって、人毛100%のウィッグを製作し、病気などでウィッグを必要とする子どもたちに無償提供する活動」のことです。

脱毛症やがん治療の影響、事故などで、頭髪に悩みを抱える子ども達に、ウィッグ(かつら)を作り寄付する活動で、過去には、女優の柴﨑コウさんやダレノガレ朋美さん、相武紗季さんなどが参加し、認知度がぐっと広まりました。

私自身、2回ヘアドネーションに参加した経験があります。今回は、このヘアドネーションの方法について説明します!

ヘアドネーションの条件

切った紙をウィッグにするためには、ある程度の髪の長さが必要です。

寄付先の団体によって指定が異なることがあるので、寄付先のホームページで詳細を確認すると良いです。

一般的には、下記の3つに注意すると良いでしょう。

・31cm以上の長さがあること

・カラー、パーマ、ブリーチしていてもOK

・完全に乾いていること

伸ばした髪の毛の切り方は?

作れるウィッグは、寄付する髪の長さで決まります。髪の毛を半分に折り返してウィッグの地肌となる生地に植え付けるため、31cm未満の髪の毛では、医療用フルウィッグを作ることができません。

脱毛症状などによりウィッグを必要とするお子さまの多くが希望しているのは、セミロング、ロングヘアのフルウィッグです。

・31cm→ショートウィッグ

・40cm→ボブウィッグ

・50cm→ロングウィッグ

・60cm→スーパーロングウィッグ

今回は、31cmの髪を寄付することにします。

ヘアドネーション用に髪の毛を切ってくれる美容院を探す

まずは、普段通っている美容院で、ヘアドネーション用に髪を切ってもらえるか確認しましょう。ヘアドネーションを受け付けていない場合もあるので、事前に電話などで確認しておきましょう。美容院に行くときは、髪を入れる袋を持参しましょう。

髪の毛を乾いた状態で切ってもらう

髪を何本かに分けて束ねてから、寄付したい長さを切ってもらいます。完全に乾燥した状態で切ってもらうようにしましょう。カットは、結び目の1cm上をカットします。

ヘアドネーションの方法 (jhdac.org)

切った髪はどうするの?

切った髪は、ジップロックなどにいれて持ち帰ります。

髪の毛の郵送方法

さまざまなNPO法人が、ヘアドネーションの活動をおこなっています。今回は代表的なNPO法人で、実際に寄付したことがある2つNPO法人を紹介します。

Japan Hair Donation & Charity(ジャーダック)

2009年にJHD&C(ジャーダック)としてヘアドネーションをスタート。日本ではじめてNPO法人として、医療用ウィッグを完全無償で提供してきた団体です。

髪の毛を送る|Japan Hair Donation & Charity(ジャーダック,JHD&C) (jhdac.org)

HERO

2011年の東日本大震災時に避難所からかかってきた「ヒーローに会いたい」という被災者からの電話で始まったNPO法人です。被災三県でオリジナル“破牙神ライザー龍”を起用して様々な活動をおこなっている団体です。2016年から全国の子供たちに向け、完全オーダーメイドの人毛による医療用ウィッグをプレゼントする“ヘアドネーションプロジェクト”を開始しました。

Hair Donation(ヘアドネーション)|ヘアドネーションならNPO法人HERO

髪を郵送する

追跡機能のある日本郵便のレターパックヤマト運輸などの宅配サービスを利用し、ジップロックに保存した髪を希望する団体へ送付します。

JHD&Cの場合は、専用のドナーシートに記入して同封します。

髪の保存方法には注意点があります。各団体のホームページで確認しましょう。

注意点

・ラップやホイルで巻いたりしない

・ボンドで糊付けしない

・台紙にテープではらない

・紙で包んでホッチキスで止めない

詐欺には気を付けて!

ヘアドネーションの知名度が上がったことで、人毛をだまし取ろうとする悪徳団体が現れています。

ヘアドネーション発祥の地である米国や欧州などの国でも、ヘアドネーションの団体であるように見せかけて人々から髪の毛を集め、売りさばいているマフィアが摘発された例もあります。

手口としては、SNSなどを通してヘアドネーション団体を装い、「髪の毛を送ってください」と声をかけます。ヘアドネーションに関する投稿などから投稿主へコンタクトをとるそうなので、怪しい団体からコンタクトがあった場合はほぼ詐欺だと思った方が賢明です。

せっかく頑張って伸ばした髪を悪徳団体に利用されないよう、実績のある団体に寄付しましょう。

郵送した後の確認

送付した髪の毛がちゃんと届いたかどうかは、追跡機能で確認するか、各ホームページで確認することができます。

今回寄付したJHD&Cでは、デジタル受領書をダウンロードすることができます。

まとめ

勝手に伸びてしまう髪をヘアドネーションをすることで、身体も心を軽くなりました!

ヘアドネーションをすると決めてからは、シャンプーに気を使ったり、髪の毛が健康に保てるよう気を付けるようになりました。自分を労わることで誰かのためになるなんて最高です。

偽善だとか無意味だ、という意見もあるようですが、少しでも髪の毛で困っている人の助けになればいいなぁと思っています。

こんな記事もおすすめ

SDGs | FIREまでの道 (the-road-to-fire.com)

コメント