プロのアスリートも実践。Highly Intensity Interval Training HIITとは?

ステップ4 お金を上手に使おう

お金を稼ぐためにも、お金を貯めるためにも、節約するにも、健康は基礎となる部分です。そう、「元気があれば、なんでもできる」のです。健康だからといって何もしていないと、体力はどんどん落ちていきます。人生を楽しく過ごすためにも、健康を意識することは大切です。そこで今回は、話題のHIITを紹介したいと思います。

HIIT(Highly Intensity Interval Training)とは、短時間に体に大きな負荷を与え、そのあと短い休憩をとったあとにまた、負荷を与えるということを繰り返す運動の事です。メンタリストのDaiGoさんも実践していることで話題になりました。HIITは、短時間で効率よく運動できるところが魅力です。

High-Intensity Intermittent Exercise and Fat Loss (nih.gov)

HIITの実践方法

では、HIITではどのようなトレーニングをおこなうのでしょうか。HIITのトレーニング方法は下記です。

バービージャンプやスクワットを20秒→10秒の休憩→ ×8セット

代表的なのはバービージャンプですが、他にも下記のようなものがあります。かなりきついです。ヘロヘロになります。

  1. バービージャンプ
  2. ジャンピングスクワット
  3. マウンテンクライマー
  4. ジャンピングジャック

Youtubeなどで検索すると直ぐにたくさんの動画がでてきます。プロのトレーナーが教えてくれるものもあるので、是非お家で実践してみてください。

HIITの効果

1.耐久力のアップ

多くの酸素を必要とするHIITを続けていくと、身体が効率よく大量の酸素を取り込めるようになります。また、血液中の酸素を身体中に届けるため、心臓の動きも活発になります。

2.脂肪がHIIT後も燃焼する

有酸素運動も同じですが、運動の後も脂肪燃焼の効果が期待できるそうです。

Changes in mechanisms proposed to mediate fat loss following an acute bout of high-intensity interval and endurance exercise – PubMed (nih.gov)

3.若返り効果

ノルウェー式HIITというメソッドを12週間取り入れた結果、細胞の若返り効果があったという研究があり、ミトコンドリアという細胞内に存在する器官の性能が69%(若者は49%)も上昇したという結果が得られました。

Enhanced Protein Translation Underlies Improved Metabolic and Physical Adaptations to Different Exercise Training Modes in Young and Old Humans – PubMed (nih.gov)

HIITのデメリット

体形は変化しますが、体重は減らせません。体重を減らすのは食事だけです。そして、きついです。体重を減らしたい!という方は別の方法をお勧めします。そして、続けるにはそれなりの覚悟が必要です。

HIITを実践してみた結果

何度も書きますが、きついです。 そして、体重は変わりません。数値にも反映されないし、きついのでどうしてもさぼりたくなります。そこで、ジムに通って強制的に運動をおこなうことにしました。週2回、45分のトレーニングを7カ月続けていますが、VO2 Max(Apple watchで計測)の数値が格段に向上し、明らかに体形も変わりました。ふっくらおなかがすこしだけシュッとしたことで、履けなかったズボンがはけるようになりました。運動した後の達成感もあり、ストレス解消にもなっています。そして、体重を減らせるのは食事だけだということが分かりました。

脳を鍛えるには運動しかない! 最新科学でわかった脳細胞の増やし方 [ ジョン・J.レイティー ]

価格:2,310円
(2021/10/22 11:17時点)
感想(32件)

エンターテインメントフィットネス ・ テトラフィット (tetra.fit)

コメント