アサーティブ・コミュニケーションの方法

ステップ5 お金を守ろう

1.アクティブ・リスニングをする

まずは、相手の言っていることを耳を傾けて聴くことが大切です。オープンで柔軟な心で、自分が聞きたくないと思っていることも含めてきちんと最後まで聞きます。相手の意見を聞くことと、相手の意見に同意することは違います。相手の主張をきちんと理解した上で、自分の意見を言わないと、相手も納得しません。まずは、相手の話の腰を折らず、確認しながら、相手の言っていることを理解しましょう。

2.オープンエンドの質問をする

「はい」か「いいえ」で答えられる質問ではなく、相手が自由に意見を言えるような質問をします。例えば、「このアイデアは良いアイデアですよね?」ではなく、「このアイデアについてどう思いますか?」などの質問にします。

3.相手を責めずにこちらの状況を説明する “I” statementを使う

「あなたは、いつも時間におくれるから。」「あなたは、いつも散らかす。」など主語をYouからIに変えます。「わたしは、待っている時間が無駄だと感じてしまう。時間通りに来てくれたらお互いの時間をもっと有意義に使えると思う」とか「私は、いつも片づけをしなくてはならなくて大変だ。だから、ちゃんと片づけてほしい。」など、主語を「私は」に変えることで、相手を非難あるいは責めるような文になることを避けることができます。

4.相手に対する共感も示しながら、自分の意見を伝える(共感アサーション)

相手の意見に対して理解したことを伝え、その上で自分の意見を伝えます。自分の意見が理解してもらえたと思うと、相手の意見も聞いてくれることが多いからです。相手の意見を理解することと、同意することは違います。アクティブ・リスニングやオープンエンドの質問をすることで、相手の意見を理解したことを示すことが大切です。

5.相手と自分の立場や意見のどこが違っているのか明らかにする(相違を明らかにするアサーション)

すでに問題が起こってしまったときなどに有効な手段です。相手の理解と自分の理解との間に相違が生じた場合、その違いを明らかにする方法です。

例えば、上司から、A社は自分の担当だと言われていたのに、ブラウンさんが担当している。自分は、A社について随分調査したし、コネクションもある。自分が担当したいと思っている場合、

「先日、私がA社の担当であるとおっしゃっていましたが、その後、ブラウンさんが担当の担当になっていると聞きました。私としては、A社に関して責任をもってやっていきたいのですが。」

などと上司に伝える。

ここまで、アサーティブ・コミュニケーションを行うための方法をいくつか紹介しましたが、アサーティブ・コミュニケーションをおこなう上で重要なことをまとめてみます。

1.相手の言い分、意見、気持ちをしっかりと理解、尊重しようと努める

→アクティブ・リスニング、オープンエンド形式質問

2.相手の言い分、意見、気持ちをこちらが理解していることを相手に伝える

→共感アサーション

3.相手を責めずに自分の主張をしっかりとする

→I statement

4.感情的にならずに冷静に対処する

5.自分の主張の理由を相手にわかるように論理立てて説明する

→当たり前と思っていても、相手にとっては当たり前ではないことがよくあります。面倒がらずにきちんと説明する

6.問題の整理に努める

相違を明らかにするアサーションなど

7.解決方法を自ら考え提示する

→相手に文句を言ったり感情をぶつけるのではなく、建設的な解決方法をともに見出せるよう努める

いかがでしたでしょうか? さまざまな方法を駆使して真摯に相手と向き合うことが重要で、忍耐力が必要です。このアサーティブ・コミュニケーションを身に着けるにはかなりの訓練が必要です。自分は、失敗してばかりですが、以前よりは、ちょっとだけ自分の意見を感情的にならずに伝えられるようになってきているように感じます。相手も自分も心地よい距離感を保てるように、今後も夫を実験台にして、練習を続けていきたいと思います。

コメント