お金持ちかどうかは見た目じゃわからない!?お金持ちの定義とは?

ステップ0 ゴールを決めよう!
ネコ
ネコ

お金持ちになったら毎日お昼寝するぞ!

チョコ
チョコ

お金持ちってどんな人なんだろう?

お金持ちになりたい!一獲千金!は誰もが一度は考える夢かなと思います。

とはいえ、ブランド品を身に着け、高級車に乗っている人がお金持ちとは限りません。

今回は、お金持ちっていったいどのような人の事を指すのか?の考え方について紹介していきたいと思います。

純資産・年収・貯金額

年収が高い人や貯金が沢山ある人は、お金持ちだなぁ~と思うことはよくありますよね。

しかし、お金持ちかどうかを判断できるわけではありません。

お金持ちを定義する世界基準なんてものはありませんが、野村総合研究所が出しているお金持ちに関する有名なピラミッドの図を参考にしたいと思います。

野村総合研究所、日本の富裕層は133万世帯、純金融資産総額は333兆円と推計 | ニュースリリース | 野村総合研究所(NRI)

この野村総合研究所によると、このマーケットの分類は、純資産で分類されます。

純資産って聞いたことあるけど、ちゃんと理解していないという方のために、純資産(純金融資産保有額)、貯金額、年収とはいったい何を指しているのか?について説明しようと思います。

年収

プロ野球選手が年収1億円!とかニュースで聞いたことが多いかと思います。

しかし、この年収といわれているものが全部お財布に入ってくるわけではありません。

最終的にお財布に入ってくるお金は、手取りと呼ばれています。では、残りはどこに行ってしまうのかというと、税金です。サラリーマンは最初から税金分を引かれた手取りでしかお給料を受け取ることができません。税金が取られることが見えにくいため、いくら税金が取られているのか気にかけていない人は結構います。

貯金額

銀行に入っているお金の事を指します。キャッシュと言われることもあります。現在、日本の銀行の年利率は0.001%です。貯金していてもほんのちょっとだけ増えるだけです。インフラ率を年3%と考えると貯金さえしていれば安心と考えていた昭和の時代とは違いますね。

預金種類別店頭表示金利の平均年利率等 : 日本銀行 Bank of Japan (boj.or.jp)

純資産

純資産とは、「預貯金、株式、債券、投資信託、一時払い生命保険や年金保険など、世帯として保有する金融資産の合計額から負債を差し引いた金額」のことです。貯金とか株とかをぜーんぶ足した合計と、住宅ローンなどの負債を引いて残ったお金の事です。

それでは、このピラミッドのどこからがお金持ちなのか?というと、富裕層あたりかと思います。

日本人の、 2.5%が 富裕層と超富裕層にいます。ちなみに、準富裕層は、6.3%です。

マス層の上のアッパーマス層ですが、この層には日本人の12%がいて、平均資産は4500万円です。

マス層の平均資産額は1600万円で、日本人のおよそ80%はこのマス層にいます。

まとめ

とっても遠い存在の裕福層ですが、マス層でも十分幸せな人もいれば、超富裕層でも不幸な人もいます。

お金には不思議な魅力があるもので、沢山もっていても更に欲しいの思うもののようです。

超超富裕層の人に、あとどれくらいお金が欲しいか?と聞いたとき、あともうちょっとほしいと答えたという有名なエピソードもあります。

お金の亡者となる前に、どんな状態が自分にとって幸せな状態なのか?を知ることで、満ち足りることができます。

幸せは案外目の前にあったりするものです。今あるものに感謝して、幸せな小金持ちを目指していきたいです。

こちらの記事もおすすめ

ステップ0 ゴールを決めよう! | FIREまでの道 (the-road-to-fire.com)

参考にした本


コメント