【日大通信】大学1年目は超重要!新学期手続きでつまづかないためのコツ

ステップ3 投資を始めよう!
ネコ
ネコ

大学4年目になりました~。

チョコ
チョコ

あと50単位!

ネコ
ネコ

最初に手続きをしっかりできていれば、もう少し単位とれていたのになぁ~。

チョコ
チョコ

あきらめずに、卒業まで頑張ろう!

2019年から大学に通い始めて、あっという間に4年が経ちました。ゆっくりですが、少しずつ勉強を重ねて、残り50単位のところまで来ました。

入学当初は、なんでも学校が手続きを行ってくれていた高校のときとは違うシステムにいきなり放り込まれるわけですから、最初はだれでも戸惑って当たり前です。

今振り返ると、履修登録ってなに?教科書ってどうするの?とか、タイミングを逃してしまって、履修登録や科目修得試験が受けられなかったなど、入学した1年目が一番失敗したし、大変でした。

通信制の大学に通っている人の8割は社会人とのことなので、タイムマネージメントはかなり重要です。まずは、卒業に必要な単位から逆算して計画を立てることが最も効率的かと思います。

しかし、物事は計画通りに上手くいかないことがほとんどです。

そこで今回は、つまづいてしまっても、なるべく早くキャッチアップできるように、失敗から学んだ、大学1年目に注意したい事を紹介したいと思います!

こんな失敗をしました!失敗談から学ぶ効率的な手続き方法

授業を受講し、単位を取得するまでの手続きはざっくり下記の手順で行います。

履修登録をする→スクーリングを申請する→教材を入手する→受講する→単位取得 

しかし、ここには様々な落とし穴があります。様々なつまづきポイントがあると思いますが、今回は実際の失敗談をもとに、より効率的な手続き方法を紹介したいと思います。

失敗1 1回のスクーリングで単位が取れると思っていた。

1回のスクーリングはオンデマンド授業や対面授業だと1万円かかります。メディア授業だと2万円です。

法学や経済学など、4単位取得する科目では、1回のスクーリングで取得できる単位2単位。つまり、スクーリングを2回受ける必要があります。したがって、スクーリングだけで単位を取ろうと思うと2万円かかるのです。

私は何故か、1回のスクーリングで4単位もらえると勘違いしていたので、前期の授業が完了した時点で「あれ?全然単位とれてなくない?」となりました。

結果、必修科目の単位を全部取得するまでに2年もかかってしまいました。

失敗2 単位を落とすのが怖くて、ちょっとしか履修手続きをしなかった

大学はスタートダッシュが必要です。最初は、働きながら勉強して、ちゃんと授業についていけるか?とか、勉強時間が十分に確保できなかったらどうしよう、などいろいろ心配した挙句、得意そうな1~2科目しか履修登録せずにいました。

教材の申請は年に2回までしか申請できません。取得予定の科目は一度に履修登録して、教材の申請までしておくと効率が良いですよ。

単位を落としても、またほかの方法をとるとか、再度スクーリングをうけるなど、取得できるまで続ければいいだけですから、やり直しはいくらでも可能です。

私の場合は、前期の授業が終わったあたりで、このままではいつまでたっても卒業できないぞっと気づいて、あわてて履修登録を行いました。

失敗3 教科書をきちんと理解してからじゃないと、スクーリングを受けられないと思っていた

最初は、教科書を全部読んで理解してから授業に臨まないといけないと思っていました。なので、毎日何時間も難しい本と格闘し、ノートにまとめていました。

278ページもある経済学の教科書を読み込み、その教科書を理解するために、何冊も別の本を購入したり図書館で借りたりして、結局、「全然わからない」という結果になりました。

しかし、思い切って授業を受講けてみると、めっちゃわかりやすいのと教科書を全部取り扱わないということが分かりました。

もちろん、自分で調べたり、勉強することは必要ですが、教科書を読んで、理解が難しいと思ったら早めにスクーリングに切り替えてしまうことをおすすめします。

大学に入学したらまずやること

卒業までの計画を立てる

前にも記載しましたが、まずは何年で卒業するためには、1年間でどれくらいの単位を取得するのか?を計算する必要があります。

124単位の取得で卒業ですから、1年間でおよそ30単位を取得する必要があります。できれば、モチベーションが高くて、比較的簡単な総合科目を取得する1年目は40単位取得できると、卒論がある3年、4年がだいぶ楽になるかと思います。

学習計画表でスケジュールを確認する

メディア授業やスクーリングの申込期間は想像以上に短いです。気が付いたら期間が過ぎてしまっているってこともあるので、注意です。

また、リポートと合わせて単位を取得しようと考えているひとは、スクーリングの前にリポートを指定された日までに提出しないといけないため、注意が必要です。

まずは、開講科目一覧で取得したい科目のスクーリングがいつ開講されるのかを確認して、学習計画表をみながら、どの科目もどうやって、いつ取得するのか?を全て決めてしまいましょう!

履修登録をする

計画を立てたらあとは実行するだけです。

本年度取得したいすべての科目の履修登録をしてしまいましょう。履修登録をしていないと、スクーリングの登録も教科書の申請もできません。

やっぱり違う科目に変更したい場合も、ボタン一つで簡単にできるので、気負わず登録しちゃいましょう!

スクーリングやメディア授業の申請をする

ここが一番大変です。限られた期間で申し込みをしないといけません。また、定員がきめられているため、申し込んでも授業を受けられない場合もあるので、その場合は、リポートに切り替えたりしましょう。ただし、だめなら夜間にとか、メディア授業に・・・と思っても、申し込み期間が同じため、変更できません。とにかく、早めに申し込みをするようにしましょう。ただし、大学4年生になると優先的に授業が受けられるようですよ。

教科書を申請する

教科書の申請は1年間で2回までです。なので、受講を予定しているすべての科目の教科書を一度に申請してしまいましょう。

教科書は、教材要綱とういう冊子から番号を調べる必要があります。教科が多いとなかなか面倒ですが、一度に済ませてしまうほうが効率的ですよ。

2年目からは4月以降でないと申請ができません。1年目でまだ申請できる回数と単位数が残っていれば、先に教科書を申請してしまうこともできますよ。ただし、教科書が変更になる場合があるので注意が必要です。

まとめ

今回は、通信制の大学に入学1年目につまづきやすい手続きのポイントと効率的な方法について説明しました。私のような失敗を繰り返さず、効率的に科目修得できることを願っています。

「千里の道も一歩より」。一緒に卒業まで頑張っていきましょう!

こんな記事もおすすめ

日大通信 | FIREまでの道 (the-road-to-fire.com)

コメント