マインドマップをつかってみよう

ステップ2 お金を稼ごう!

いままで思考を整理するときは、ノートに手書きで書いたり、マンダラチャートをつかってきました。自分のコアな部分を可視化するためには、それでも十分だったのですが、ブログを書く場合は、マインドマップを使って内容を整理することも必要なのではと思うようになりました。最近は、使いやすそうな、しかも無料のマインドマップツールが沢山あるので調査してみたいと思います。

マインドマップとは?

マインドマップとは、イギリス人教育者トニー・ブザンが40年以上前に考案したもので、頭の中で行っている思考プロセスを反映したノート法のことです。頭の中を見える化することができるので、考えをまとめる事がと楽になります。複数のキーワードを線で結ぶなどして,断片的な概念を放射的・連想的に図示し,思考の流れやその全体像を見ることができます。

マインドマップのメリット

・記憶力が高まる

言葉、図、色をつかっているので、関連性、全体像がわかります。

・創造性が高まる

右脳と左脳を使うので発想が起きやすくなります。

・相互理解が高まる

チームで毎度マップをつかってコミュニケーションをおこなう事で、相手の思考がみえます。

マインドマップツールの種類

1.Mindmeister

2.XMind

3.Coggle

4.MindNote

Mindmeister

https://mindm【公式】MindMeister(マインドマイスター)2000万ユーザーの無料マインドマップ

XMind

ホーム: 無料で使えるマインドマップ ソフト | XMind

Coggle

Simple Collaborative Mind Maps & Flow Charts – Coggle

MindNode

Mind Map & Brainstorm Ideas – MindNode

MindMeisterをつかってみた

どれが良いのかわからなかったので、「無料ではじめるボタン」があるMindMeisterを使用してみることにしました。googleなどのメールアドレスを使用して簡単に登録することが可能です。

登録が完了すると早速新しいマップの画面が表示されます。左下にチュートリアルが出てきて、はじめやすいです。

実際に今回のブログをマインドマップにまとめてみました。

感想

デザインが洗練されていてとてもかわいいです。はじめて使用した人でもすぐに操作できます。また、ボタンも少ないため、あまり迷うことはありません。一方で、タブの作り方とか、つなげ方などがいまいちわからず、何度かやり直すことがありました。初めて使用したので、まだ使い方が分かっていないのかもしれませんが、操作ばかりに気を取られてしまい、肝心の思考がとまってしまいました。しばらくは使用を続けてみようかと思いますが、もっと自由に編集できるような無料ツールがあれば乗り換えたいと思います。

関連ページ

新しいマインドマップソフトウェア、EdrawMindをつかってみた | FIREまでの道 (the-road-to-fire.com)

コメント