【読んでおきたいビジネス本】NFTの教科書 インターネット以来の「革命」がはじまった!

ステップ3 投資を始めよう!
チョコ
チョコ

最近やっとブロックチェーンを覚えたよ!

ネコ
ネコ

じゃぁ、NFTとかメタバースとかは?

チョコ
チョコ

・・・。

2009年1月に始動したビットコインに端を発し、仮想通貨・暗号資産の分野で世界的に利用されるようになった分散型台帳・ブロックチェーン技術を利用したNFTが登場しました。

NFTは、アート、ゲーム、メタバース、スポーツ、ファッション、音楽、法律、会計の分野で幅広く活用されるようになってきています。

今回は、このNFTの概要についてちょっとだけ紹介したいと思います。

この記事を読むとこんなことがわかります。

・NFTとはなにか?

・身近なところにあるNFTとはどんなものか?

・今NFTが熱い!いろいろなNFTを紹介

NFTってなに?

NFTはNon-Fungible Token(ノン・ファンジブル・トークン)の事です。

ファンジブルとは代替可能という意味なので、ノンファンジブルは代替不可能という意味です。

ビットコインやイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)は、最も広く流通しているファンジブル(代替可能)なデジタル資産です。

一方、同じブロックチェーン技術が使用されているNFTは、個別の識別サイン「唯一無二の固有のデータ」が記録されているノンファンジブル(代替不可能)なデジタル資産です。

今まで、ブロックチェーン上で取引される暗号資産やトークンは、数量によって把握され、個性は排除されていましたが、NFT・ブロックチェーンに紐づけデータ化することで、これらのコンテンツや権利の価値が可視化され、国境を越えて取引されるようになりました。

これらの事から、NFTの登場はコンテンツや権利の流通革命と呼ばれ、注目されています。

NFT市場

NFT市場は、2021年に入り急速に拡大し、インターネット黎明期と同様の、ある種の怪しさをまとった熱狂があります。

仮想通貨取引所・販売所の口座開設|Coincheck(コインチェック)

パンデミックの影響からデジタル化が進み、Web会議ツールを使ってデジタル空間で打合せをすることが当たり前になり、リアルな空間とデジタルな空間の境目が曖昧になり融合が進んでいます。

今後は、VRやARなどのメタバース(仮想空間)や5Gなどの通信技術が普及することで、このトレンドは一層加速するでしょう。

2021年8月 Facebook社 CEO マーク・ザッカーバーグ氏もメタバースに注力していくことを発表しました。

米フェイスブック 社名を「メタ」に変更 仮想空間の開発強化へ | IT・ネット | NHKニュース

今後は、従来のゲームするだけの空間から、仕事や遊び、ファッションや恋愛などの自己表現やコミュニケーションを楽しむリアルな世界と変わらない生活がメタバースで行われるようになり、新しい経済活動がメタバースで行われるようになります。

話題のNFTとは?

チョコ
チョコ

NFTって話題なの?

ネコ
ネコ

めっちゃ話題だよ~。

・2017年 カナダのゲームアプリ会社Dapper Labsの世界初のブロックチェーンゲームCrypoKitties(クリプトキティズ)。1000万円以上で取引される「猫」が出現しました。

CryptoKitties | Collect and breed digital cats!

・同じく、Dapper LabsのNBA Top Shotのトレーディングカードゲームは爆発的人気になり、NFTトレーディングカードの売買総額が2億円を超えました。

NBA Top Shot | Officially Licensed Digital Collectibles

・2021年3月にオークションハウスChristie’sにてデジタルアーティストBeepleの作品Everydays: the First 5000 DaysのNFTが約6900万米ドル(75億円)で落札されました。

Beeple breaks record: First NFT artwork at auction sells for staggering $69 million – CNN Style

いろいろなNFTをみてみよう

チョコ
チョコ

凄いってことはわかったけど、実際どんな感じなの?

ネコ
ネコ

大きくわけて6種類の分野があるよ。

今回は、アート、音楽、メタバースを紹介するぞ!

NFT技術を活用している分野は大きく分けて6種類あります。

1.コレクティブル(収集を目的としたもの)

2.スポーツ(スポーツの試合と関連した新しいスポーツの楽しみ方)

3.アート(デジタルアート)

4.ゲーム(アイテムやキャラクターをNFT化したもの)

5.メタバース(仮想世界の土地や建築物、アイテムをNFT化したもの)

6.その他(保険やドメインなど様々な付帯サービス)

アート×NFT

Larva Labs(ラルバラボズ)社が始めたNFTアートプロジェクト、CryptoPunksが有名です。

AIによって生成された1万体のジェネレティブアート(コンピューターが自動的に作る)であることが特徴です。

このキャラクターの一つが約8000万円で取引され、話題になりました。また、大手VISAがNFTを購入したことでも話題です。

NFTは「希少性」を創出するため、アートとの相性は抜群に良いです。

2021年から希少性の高いNFT作品を購入する投資家が多く表れ、NFTアートイベントも盛り上がりを見せています。

Crypto Art Week Asia

音楽×NFT

音楽業界ではサブスクリプションにより需要が拡大しています。

NFTの登場により、これまでの楽曲そのものだけでなく、サインデータ、未公開映像などの特典を盛り込むことが可能になります。

また、アーティスト作品を株式投資のように展開することも可能になります。

さらに、音楽イベントチケットの偽造チケット防止への活用も期待できます。

メタバース×NFT

メタバースとは、SF作家ニール・スティーブンスンによる造語が由来で、

「インターネット上に構築された仮想の三次元空間でアバターなどを用いて接する環境」

とされています。

現在、メタバースは「完全な仮想世界」と「現実空間内包型」に分けることができます。

「完全な仮想世界」 は、FortniteやVRChatに代表されるバーチャルな仮想世界の事です。

「現実空間内包型」は、ポケモンGOなどに代表され、現実空間も仮想世界(バース)としてとらえ、バーチャルな仮想世界とリアルな仮想世界が共存する状態です。

さらに、メタバースにはクローズドメタバースとオープンメタバースがあります。

クローズドメタバースは、Fortniteやどうぶつの森、Mincraftなどのクラフト系メタバースが有名です。

オープンメタバースは、メタバース同志が相互に接続された状態をオープンメタバースといい、NFTは価値交換の基礎概念として利用されます。

チョコ
チョコ

よくわからなくなってきた~。

ネコ
ネコ

実際に、メタバースの世界にはどんなものがあるかみてみれば?

不動産

土地売ってます。人気の高い土地には、大手企業の名前も並んでいたりします。

Home – Metaverse Property

建築家

土地を買ったら建物立てますよね。メタバース専門の建築家もいます。

ファッション

大手ブランド、ナイキとかBURBERRYもメタバースに出店しています。

ショール―ムではアバターに新作のナイキ製品を着せ替えができます。人気の定番アイテムエアフォース1やオリジナル新製品も試着できます。

NIKELAND (roblox.com)

BURBERRYのシャークB、価格は299.99ドル(750体限定)です。

かわいい・・・。

Burberry drops NFT collection in Mythical Games’ Blankos Block Party – Burberry (burberryplc.com)

まとめ

ますます加速していくデジタルの世界。今後も現実世界と仮想世界の融合は進んでいくと思われます。また、サブスクリプションサービスなどの「シェア」から「所有」への移行するサービスも新しく誕生していくでしょう。デジタルはちょっと・・・とか難しくて・・・と気おくれしてしまいそうですが、ダーウィンが1859年に発表した「種の起源」にある進化論によると、「強い者、頭の良い者が生き残るのではない。変化するものが生き残るのだ」です。目を背けず、好奇心をもって新しいものに目をむけていけるようにしたいです。

NFTはまだまだたくさん出来ることやキーワードになっていることがあります。NFTについてもっと知りたいかたは、是非この本を読んで好奇心を満たしてみてください!


他にもこんな記事がおすすめ

【おすすめしたいビジネス本】グリーン・ジャイアント – FIREまでの道 (the-road-to-fire.com)

【おすすめしたい本】女の子はどう生きるか 教えて、上野先生 ! – FIREまでの道 (the-road-to-fire.com)


コメント