【オンラインアシスタント】キャスタービズの採用試験から不採用結果までの体験談

ステップ2 お金を稼ごう!
ネコ
ネコ

完全在宅のオンラインアシスタントってお仕事があるよ。

チョコ
チョコ

在宅でお仕事できるのって素敵。
採用試験は難しい?実際はどうなのかな?

以前は、あまり知られていなかったオンラインでも仕事も、パンデミックの影響でかなりメジャーになってきました。

最近は、完全在宅で副業も可能なオンラインアシスタントのお仕事に人気が集まってきています。

今回は、実際にキャスタービスに応募してから不採用となるまでの体験談を紹介したいと思います。

キャスタービスとは?

CASTER BIZ(キャスタービズ)は2014年創業のオンライン秘書サービスです。

キャスタービズでは、秘書業務以外にも、人事労務業務、翻訳・バイリンガル業務、WEB業務、ライティング業務など様々なサービスを提供しています。

特徴として、優秀なアシスタントを抱えていることと、専門領域に特化した依頼が可能である点が挙げられます。一方、料金が高めともいわれています。

CASTER BIZ – 優秀なオンラインアシスタント (cast-er.com)

採用率はどれくらい?

キャスタービスの採用率は1%、倍率100倍だそうです。厳しい採用倍率をくぐりぬけた優秀なアシスタントだけが在籍しています。

私は、知らずに申し込んでしまいましたが、かなりの狭き門です。最近は、オンラインでの仕事を始める人がふえて、ますます厳しくなってきているようです。キャスタービスで働いている多くの方は、元バリキャリだそうです。

審査から採用までの流れ

書類選考→一次面接→最終面接→内定

書類選考

書類選考では、経歴、経験などが問われます。秘書業務経験以外にも、通訳やWEB制作など様々なスキルがあるとより有利です。

書類選考を通過すると、面接の今後の流れ、実際の業務内容等を説明した資料が送付されます。

事前にしっかりと読んで理解しておくことをおすすめします。

一次面接

一次面接では、「何故御社に応募したのですか?」など、基本的な質問をされることが多いとおもいます。

また、事前に配布された面接の流れ、実際の業務内容などについても質問がありました。WEB面接となるため、様々なトラブルが想定されます。事前のしっかりとした準備が必要です。

採用、不採用の連絡はおよそ1週間以内にあります。

二次面接

私は、一次面接で不採用となったため、二次面接の内容はわかりませんが、二次面接では具体的な業務内容について質問されると予想しています。

内定

採用基準は?

ITスキル

完全オンラインで業務をおこなうため、ITスキルは不可欠です。基本的な、タイピング、Word、EXCEL、Power Pointなどのスキルは必須です。

マネジメントスキル

自分が持っているWEBライターや通訳などのスキルと組み合わせた、実績や経験が求められます。組織の中でどのように人と接してきたのか?どのようなポジショニングをしてきたかを問われます。

また、完全オンラインという事もあり、自分自身をきちんとマネジメントできることが求められます。

人間性

やはり人間性は重視されます。オンラインなので、人間性は特に重視されていると思います。

コミュニケーションは問題なく取れるか?笑顔はあるか?質問にちゃんと答えているか?など、実際に働くことを想定して、「この人と一緒に働きたいか?」が問われます。

オンラインでは、間の取り方が重要だと思います。ちゃんと最後まで話を聞く、タイミングよく回答するなどもスムースにコミュニケーションをとる上で重要です。

まとめ

不採用の連絡から大分経ちましたが、気持ち的にはまだ立ち直れていません・・・。

不採用の理由を聞くことはできないので、なぜ不採用になったのかわかりませんが、個人的には、コミュニケーションスキルだったと思っています。

オンラインで対面で面談を行う予定でしたが、面接をしてくださるかたのカメラの調子が不調だったらしく(わざとなのかもしれませんが・・・)、画面で表情を確認できませんでした。

相手の反応を表情から読み取ることができなかったため、かなりコミュニケーションが取りにくかったです。

こんな状況も想定して、しっかりとした事前の準備をしておくけばよかったと反省しています。

他にも、オンラインアシスタントの求人はあるので、この反省を次回に活かしていきたいと思います。

他にもこんな記事がおすすめ

ステップ2 お金を稼ごう! | FIREまでの道 (the-road-to-fire.com)

コメント