【日大通信】新聞英語は難しい?新聞英語の難易度と単位を取るコツを伝授します!

ステップ3 投資を始めよう!
ネコ
ネコ

新聞英語のリポートを提出するぞ!

チョコ
チョコ

頑張れ~!!

今週は、新聞英語のリポートを書きました。新聞英語は、リポートと科目修得試験で単位を取得する予定です。

同じく日大通信に通っている方は、どんな内容か気になるかなと思います。

今回は、難易度も含めて新聞英語について説明してみようと思います。

どんな勉強をするの?

レポートは、The Japan timesかThe Japan Newsの新聞のなかから2000文字程度の好きな記事を選んで和訳するというものです。

科目修得試験は、(1)新聞記事を、Head、Lead、Bodyに分けて、Headlineを和訳。(2)Itがさしているものを抜き出す。(3)下線部を和訳(4)英語の新聞記事を要約というものでした。

試験の勉強は、過去問題を一通りしておけば対策OKです。

ネコ
ネコ

勉強時間は、半日くらいかなぁ。

科目修得試験は、新聞の構成を理解していれば、それほど難しいという感じではありませんでした。が、レポートは大変でした・・・。

リポートは大変

まずは、The Japan timesを近くの駅で購入し、久々に英字新聞を読みました。本当は、1つだけで良いのですが、3つ選んで和訳してみました。どうしても、動物ネタばかり選んでしまいます。

1回目のリポートでは、猫の縞模様のつくられかたについて書かれた記事を選択しました。猫の縞模様の謎は解明されつつあるということは、犬の毛の模様も同様に解明されるのでしょうか? なかなか興味深い記事でした。

2回目のリポートは、犬も熱中症になるよって記事、最終的には、噴火に関する記事を選択して、その記事の和訳で合格しました。

リポートは、5回目で合格

1回目のリポートは、教科書からの抜き出しは、問題ありませんでしたが、新聞の和訳がぼろぼろでした。真っ赤になったリポートをみて、自身の和訳の実力のなさを実感しました。

2回目のリポートは、また違う新聞記事を選びました。が、またしてもボロボロ。和訳の方法とか新聞英語について調べまくりました。

3度目の正直!3回目のリポートも、また違う記事で挑戦!少しだけ赤字は減ったかな・・・。文字数が足らないとして、またしても不合格。

4度目は、完全に迷子。とりあえず、エイヤって出してみたら、やっぱり不合格。もっと簡単な記事を選択してみては?と言われてしまう始末です。

5回目は、前回と同じ記事で、落ち着いてじっくり和訳してみました。ポータルサイトで確認してみたら、やっと合格していました。

ネコ
ネコ

やっと合格した!!

チョコ
チョコ

頑張った~

新聞英語の合格のコツ

リポートが不合格になった経験から、新聞英語のリポートを合格するコツを伝授します。

1.意訳はしない。しっかりと一語一語和訳する。

新聞英語って独特だったりしますが、なにも付け加えず、何も減らさず、そのまましっかり和訳した方がいいです。意味はあっていてもリポートでは不合格になってしまいます。

2.新聞の切り抜きは簡単なものを選ぶ

リポートで指摘されたように、なるべく既に知識があるものを和訳するとよいです。私のように、興味があるから・・・と記事を選んでしまうと、きちんと和訳できていなかったりします。

3.諦めない

何時間もかけて和訳したリポートが不合格になって返ってくると、がっかりしますよね。でも、諦めるのはもったいない!また、同じ記事を和訳してリポートを提出しましょう!既に教授が赤字で修正してくれているので、大分修正されたものですし、また1から和訳しなくてもOKです!

まとめ

いかがでしょうか?これは、私の場合だけで、案外簡単にリポートを合格されている方もいらっしゃるかもしれません。
新聞英語の単位を取得しようと考えているかたの参考になれば幸いです。

コメント