あなたの会社にもスパイがいる?サボタージュマニュアル

ステップ2 お金を稼ごう!
ネコ
ネコ

今日もまた一日会議で終わっちゃったよ・・・

チョコ
チョコ

それなら、会社にスパイがいるかも!?

ネコ
ネコ

なぬ!!

「カイゼン」が世界共通語となっていたり、日本は生産性が高いように感じている方もいるかもしれません。しかし、日本は世界と比較して生産性が低く、G7では最下位です。

日本の労働生産性を米国と比較すると、「就業1時間当たり」「就業者1人当たり」ともに米国の60%割強の水準で、2000年には米国の70%程度でしたが、2010年で65%前後に低下、近年は格差が拡大傾向にあります。

近年「働き方改革」「生産性2倍」などの声も多く聞こえるようになってきましたが、実際に生産性が高まっているようには感じません。資料を読むだけ・聞くだけの会議、永遠に続く資料作り、全く会社に貢献していないのに昇進していくおじさんたち・・・。

あれ?こんな話身近にあるかも?と思った人、あなたの会社には企業を破壊しようとしているスパイがいるかもしれません!

今回は、第二次世界大戦中に、CIAの前身である米国戦略諜報局(OSS)が発行した機密文書、サボタージュ・マニュアルを紹介したいと思います。

このマニュアルは、個人的な行為を積み重ねることによって、内部から企業を破壊することを目的に作られた文書です。

もしかしたら、あなたの会社をつぶそうとするスパイが身近にいるかもしれませんよ!?

Read the CIA’s Simple Sabotage Field Manual: A Timeless Guide to Subverting Any Organization with “Purposeful Stupidity” (1944) | Open Culture

サボタージュ・マニュアルが示す戦略

相対的に必要でない仕事に完璧さを要求せよ

重箱の隅をつつくように、ささいなことを指摘しましょう。

注意しなければならないのは、より重要でない仕事に対して完璧さを要求することです。重要な仕事を完璧に行ってしまうと生産性が上がってしまう可能性があります。

どうでもよい仕事を無限に修正することで、相手の本来の目的を忘れさせるようにしましょう。

非生産性的な社員が居心地よい環境与えよ。出来の悪い社員に不当な昇進を与えよ

優秀でない社員に対して優遇することで、優秀な社員のモチベーションをさげることができます。

年功序列の昇進制度なども有効です。成果をだしても、報われない雰囲気を作ることが重要です。

やるべき重大な仕事があるときこそ会議を開催せよ

職場の生産性が高まってきたら、なるべくたくさんの会議を開催しましょう。

緊急事態が発生した時、重要な案件が発生した時などがチャンスです。会議を開催しましょう。

会議を開催することで、簡単に重要なことをする時間を奪い、優秀な人を拘束することができます。

もしも、優秀な人が会議を減らそうと提言してきたら、会議を減らすための会議を開催して回避しましょう。

前回の会議で決まった問題を持ち出してその決定を再検討するように議論を蒸し返せ

終わった話題をもう一度ゼロベースから考え直そうと提案しましょう。会議を簡単に終わらせてはいけません。

前回決めたはずのことをもう一度蒸し返して議論を再燃させたり、決定事項が進まないように誘導し、なるべく会議を続けるように仕向けていきましょう。

許認可、指示、確認などあらゆる手続きを複雑化せよ

重要でない仕事に対し、1人で決められる事でも3人の承認が必要なように取り計らいましょう。

生産性を下げるためには、複雑化することが大切です。備品購入、承認プロセスなど、重要度が低いものをなるべく複雑化する仕組みを構築しましょう。

また、重要でない仕事に対し、大量の書類作成が必要なようにするとより効果的です。1日で完了するものを1週間以上かかるようにするとよいでしょう。

そして、そのプロセスをどんな時でも必ず行われるよう、プロセスを単純化したり、効率化を計る社員には注意したり、刑罰を与えましょう。

社内のスパイをやっつけるための対策

対策1

先入観をなくし、いまある仕事の工程をもう一度見直してみましょう。ここ数年のうちに、リモートワーク、デジタルトランスフォーメーションなど新しいことへの抵抗が今までになく低くなってきています。何かを変えるには、今がチャンスかもしれません。

対策2

会議を開く時はゴールを決めてから会議を行いましょう。議事録を作成することで、認識を共有できたり、議論が本題からずれることを防ぐことができます。また、読むだけの会議は極力行わないようにしましょう。

まとめ

あなたの会社にはスパイはいたでしょうか?あーいるいる会社にもスパイいるって思った人もいるのではないでしょうか?スパイが、あなたのモチベーションを下げ、会社の生産性を落とし、会社を破壊する前に何かしらの対策をとってみてはいかがでしょうか?


こんな記事もおすすめ

SDGs | FIREまでの道 (the-road-to-fire.com)

コメント