今更だけど今だから知っておきたい、リーマン・ショックとは?

ステップ5 お金を守ろう
ネコ
ネコ

コロナショックを乗り越えるために歴史から学ぼう!
一番最近だと、リーマン・ショックとかかな?

チョコ
チョコ

リーマンショックについて描かれている映画があるよ。
当時の状況とか、分かりやすいのでおすすめ~。

日本もパンデミックから徐々に回復し、少しずつ経済回復させる動きが出てきました。ゴールデンウイークも久しぶりでお出掛けした~って方も多かったのではないでしょうか?

パンデミックの大きな波を乗り越えつつある今、世界経済は荒波にもまれてるような状態です。

こんな時は、過去の歴史を知ることで、今どのような行動をとるべきかを考える事ができるようになるのではないでしょうか?

比較的最近起こった歴史的経済危機の中で、リーマン・ショックがあげられます。

リーマン・ショックって聞いたことあるけどぼやーっと理解しているってかたも多いのではないでしょうか?

今回は、そのリーマン・ショックは何故起こったのか?難しいことはいいから、さらっと理解したい!と言うかたにお勧めの内容です。

また、リーマン・ショックについて描かれている「マネー・ショート」という映画もおすすめです。当時の背景とか雰囲気とかがリアルに描かれていて、タイムマシーンで未来から過去に行けたらこんな気持ちになるのかな・・・と「ぞくっ」とする感じの面白い映画ですよ。


リーマンショックとは?

2008年~2011年頃の世界経済危機のことで、大戦後最大の危機とも言われています。

リーマンショックの原因は?

アメリカの住宅ローン貸出増加

当時、アメリカでは、住宅バブルでした。

住宅を担保として高い金利を支払う、「サブプライムローン」という商品が登場し、信用度の低い低所得者でもローンを組むことが出来ました。

ローンの返済が不可能となった場合、本来であれば担保となっている土地や住宅の売却に加えて、諸費用の支払いを行わなければなりませんが、「サブプライムローン」は担保となっている住宅を引き渡せばそれ以上の支払いが発生しない、リスクの低いローンでした。

政策的問題

当時のアメリカでは、低所得者への住宅取得促進政策がおこなわれ、政府出資企業(GSE、米国債による保証)であるレディマックやファニーメイがゆるっゆるの格付けを行っていました。

金融イノベーション

デリバティブ※としてのクレジットデフォルトスワップ(CDS)※などにより債務不履行リスクが分散し、金融に対する不透明性が加速し、リスクが見えにくくなりました。

※デリバティブとは、「金融派生商品」とも呼ばれ、金利や債券、株式、通貨、商品などの原資産から派生した金融商品の総称をいいます。

※CDSについてはこちら:クレジット・デフォルト・スワップ(CDS) | 日本取引所グループ (jpx.co.jp)

経済危機が発生するまでの流れ

サブプライムローンの始まり

当時、低所得者への住宅取得促進政策がおこなわれ、購入した土地や住宅を引き渡せばそれ以上の支払いが発生しないというサブ・プライムローンが多く出回っていましたが、アメリカ住宅価格の下落と共に信用バブルが収縮していきました。

2007年8月 

フランスBNPパリバ(銀行)投資ファンド(サブプライムローン関連)の解約を凍結

チョコ
チョコ

パリバがお金を返せなくなってしまったのね・・・

2007年9月 

イギリス ノーザンロック銀行がイングランド銀行に緊急融資を申請

チョコ
チョコ

やばい!ってなってみんながお金をおろしにいく、取り付け騒ぎに!!

2008年2月 

ノーザンロック銀行を国有化

2008年3月 

アメリカ投資銀行 ベアーズ・ターンズ破綻寸前。JPモルガンチェースに買収される

2008年9月7日 

ファニーメイ・フレディマックを公的管理下へ(12兆ドル)

2008年9月15日 

リーマン・ブラザーズの破綻(負債 6千億ドル)

2008年9月16日 

保険会社AIG救済(850億ドルの融資)→79.9%の株式を政府が取得する

2008年9月21日 

ゴールドマン・サックスとモルガン・スタンレーが投資銀行から銀行持ち株会社へ転換

危機

銀行の破綻がはじまる。

実体経済が落ち込み、世界的な不況へとなっていきました。

チョコ
チョコ

お金が借りられないので、企業はものを作らなくなったよ。

ネコ
ネコ

しかし、各国政府のよる景気の下支えがあったため、1300年頃の大恐慌の時ほどは深刻にならなかったよ!

チョコ
チョコ

ケインズさん、グッジョブ!!

景気問題対策

では、景気が悪化したとき、政府はどのような政策をとるのか見ていきましょう!

経済が悪化すると、政府は経済対策を取ります。経済対策として、1.財政政策と2.金融政策があります。

財政政策

公共投資(道路とかを作る)→所得アップ→金利アップ

道路とか公共施設を作ると、いろんなお仕事が増えて、お給料が上がる、すると金利を上げることができるよね。

チョコ
チョコ

この公的投資に使われるお金は、国債(借金)から出しているよ。

金融政策(金融緩和政策)

貨幣を沢山発行→金利ダウン→所得アップ

お金を沢山発行すると、金利が下がるよね。金利が下がると、企業は「よっしゃ、金利が安いならいっぱいお金をかりて沢山ものを作ろう♪」となる。だから、お給料も上がるよね。

チョコ
チョコ

先進国は、既に沢山ものがあるから生産量はあまりアップしないんだよね・・・。

ポリシーミックス

ポリシーミックスとは、この財政政策と金融政策を同時におこなうことです。これにより、金利の上昇を抑え、総供給を増加を計っています。

また、現代では、政府が失業者に対して失業保険を給付することにより、経済の安定化させています。

まとめ

今までの多くの経済危機の経験から人々は様々なことを学び、経済を安定させるために様々な対策をとってきたことが分かりました。

今回のパンデミックでは、世界各国が沢山のお金を発行し、なんとか経済を安定させている状況です。今後もどんなことが発生するのか予想できませんが、自分ができることをするしかありません。

出来る限りリスクを分散しながら、アンテナを高くして動向を注視していこうと思います!!

こんな記事もおすすめ

「ノーペイン・ノーゲイン」。ユダヤ人の成功の秘訣、タルムードとは? | FIREまでの道 (the-road-to-fire.com)

コメント