フリーランスになりたい!フリーランスになるまでのTO DO Listを作成してみた

ステップ2 お金を稼ごう!

派遣から脱出したい!だけど、正社員になれる気がしないし、就職もうまくいかない。もう、フリーランスになるしか道がない・・・。とはいえ、これからお金がかかる成長期の子供が2人もいるので、収入が激減してしまうのはリスクが高すぎです。そこで、フリーランスになるための準備はどんなものがあるのか?調べてみることにしました。

1.まずは副業で1万円稼いでみる

いや、これが難しいんだってって感じですが・・・。新しい事よりも、「今稼いでいるものでやってみる」とか、「自分の強みを生かして仕事をする。」というアドバイスがありました。本当はブログで稼ぎたいのですが、確かにその方が再現性が高いかもしれません。現在している仕事を中心にどんな仕事があるのかを考えてみましょう。

私の現在行っている仕事内容は、翻訳兼秘書業務(事務)なので、翻訳トライアルを沢山受けてみるとか、在宅秘書(Casterなど)に登録して、早めに、「1万円稼げるのか?」を確認する必要がありそうです。

クラウドワークス

クラウドワークス (crowdworks.jp)

オンライン秘書

株式会社キャスター採用情報 | リモートワークを当たり前にし、労働革命で人々にもっと自由を。 (cast-er.com)
採用情報 | オンラインアシスタント「フジ子さん」 (fujiko-san.com)

2.貯金をして生活費を確保する

当たり前ですが、しっかり生活資金を確保しておくことが必要です。生活費の数か月分~1年分くらいあると安心です。また、この機会に支出の見直しも行うと良いようです。会社に通う必要がないなら、遠くても安い所に引っ越す、車を売ってしまう、携帯の通信費の見直しなどの固定費を下げると生活満足度が下がることなく、また持続して節約できます。

私の場合は、他に働いている家族がいるので、ある程度のリスクヘッジはできていますが、支出を減らす必要はあります。固定費はもう下げられそうにないので、自炊を頑張るとか、大学の単位をなるべく安い手段で取得するとか、出来ることを積み重ねることで確保していきたいです。

3.オンラインコミュニティに入る

オンラインコミュニティに入ることで、横の繋がりを強化します。この繋がりを持つことで、実際にフリーランスで活躍している人からアドバイスを頂けたり、情報を入手することができます。一人でフリーランスをやっているよりも、かなり「Easy mode」になるとのことでした。

私にとってこれが一番ハードルが高いです。HSPなので、人間関係は苦手で、すぐに疲れてしまいます。とはいえ、仕事は一人ではできません。勇気をもって一歩踏み出してみようと思っています。

4.うまくいかなかったときの道を考えておく

これからってフリーランスになろう!と盛り上がっている時にこそ、冷静になることが大切です。失敗しても再チャレンジできるように、他の道を考えておきましょう。ファストフードのパート、スーパーのレジ。実家に帰る。何でもいいです。募集記事を集めておいて、直ぐにお金を稼げるお仕事をみつけておきましょう!

5.SNSを活用する

今やなくてはならないSNSです。もはや名刺かわりといっても過言ではありません。ネットビジネスでの営業活動として、上手に活用していきましょう。

40代の私には「炎上」とかしたりしたら怖いなぁとか、アンチなメールが沢山きたらどうしようとか恐怖とかしか感じません。ここはビジネスと割り切って、セキュリティーやSNSの活用方法などをしっかりと対策してから活用できるように勉強する必要があります。

6.簿記3級を取得しておく

フリーランスになるということは、税金についても勉強しておく必要があります。国民健康保険に加入したり、イデコなどを活用して自分の年金など、自分の安心もしっかりと確保する必要があります。

Youtuberの両学長やひろゆきさんなど、事業主としてご活躍されている方々は口をそろえて、「簿記3級くらいは取得しておこう」と言っています。お金の基礎知識も勉強できそうなので、フリーランスになる前に一度取得しておきたいです。

まとめ

フリーランスになるまえにしておくことは、6つです。

1.まずは副業で1万円稼ぐ

2.貯金をして生活費を確保する

3.オンラインコミュニティに入る

4.うまくいかなかったときの道を考えておく

5.SNSを活用する

6.簿記3級を取得しておく

もちろんこれだけ準備しておけば大丈夫ということはないのですが、最低限しておかなければならないことかと思っています。確実な一歩を踏み出せるよう、しっかりと準備していきたいと思います!

こんな記事もおすすめ

ステップ2 お金を稼ごう! | FIREまでの道 (the-road-to-fire.com)

コメント